読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【悲報】スマホアプリ スーパーマリオ ラン 人気終了 低評価続出「つまらない」


任天堂スーパーマリオラン」急速に売り上げ低下
・販売の仕方に問題があると指摘

  任天堂が発売したモバイルゲーム「スーパーマリオ ラン」のブームが急速に冷めつつある。

  ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は2日、「スーパーマリオ ラン」で遊びたい人は多いが、お金を出す人が少ないモバイルゲーム市場の厳酷な現実を克服することができなかったと指摘した。

  任天堂スーパーマリオ ラン」は昨年12月15日に日本・米国・欧州など主要国家のApp store(アップル社)を通じて発売されて以降、4日でダウンロード数4000万を記録して人気を呼んだ。138カ国で無料ダウンロード順位1位を記録し、49カ国では売り上げ1位を記録した。だが、12月24日を基準に「スーパーマリオ ラン」がApp storeで売り上げ1位を記録している国は一つもない。無料ダウンロード1位も88カ国に減った。

  WSJは同ゲームが急速に勢いを失っている理由について、ゲームの決済方式を指摘した。「スーパーマリオ ラン」は最初の3段階までは無料でゲームを楽しめるが、その後もゲームを続けるには10ドルを支払うという、大多数のモバイルゲームとは異なる方式を採用したと指摘した。

  これに先立ち、ブルームバーグ通信も「多くのモバイルゲームは無料である代わりにゲームの中のアイテムを購入させるようにしているのが一般的」としながら「『スーパーマリオ ラン』は無料コンテンツが不足している」と伝えた。

 

 
 
今話題のスーパーマリオラン
ネット上では
 

・単純につまんなかったわ
普通にマリオやってた方が楽しい

・そもそも根本的にゲームとしてつまらんわこれ

ファミコンミニのマリオの方が遥かに面白い

 

と低評価が散見されます。

 

この記事では、マリオランは失敗といってますが

任天堂的にはどうなんでしょうか?

 

販売方法については

やはり基本無料プレイの感覚が身についている

人たちに向いてなかったのかもしれません

 

業界ごとに

「このぐらいまでだったら払ってもいい」

という金額相場はあると思います

 

たとえば

休日友達と電車で出かけて掛かる1000円

スマホアプリに払う1000円

だとしたらアプリの1000円は抵抗が生まれやすいでしょう

 

無料で楽しめるアプリが

支払える金額の基準値を下げてしまっているのです。

 

そうしたことを踏まえると

アプリ業界に限らず

販売は金額もそうですが打ち出し方も考慮が必要ですね